英国系ゴールデンレトリーバーケネル

ゴールデンユートピアJPとのお約束golden retriever border line

●子犬を迎えることを家族のみんなが賛成していますか?

●室内犬として迎え、その子の生涯に責任が持てますか?

●長い時間ひとりだけで留守番をさせることはないですか?

●毎年フィラリアの予防やノミ・ダニの駆除、ワクチン接種など病気の予防ができますか?

●生後18ヶ月までは里がすすめするフードで育てていただけますか?

●命ある限り最期まで一緒にいることができますか?

●「無断で繁殖や販売や転売はしない。」にご賛同いただけますか?
ご利用案内もあわせてご覧下さい。

※去勢・避妊をした場合は血統書の原本をお渡ししています、それ以外は複写をお渡しして原本は当舎で大切にお預かりいたします

子犬は迎えられてから10年以上、共に暮らす家族の一員です
命の尊さ責任はとても重く、費用もかかりますので安易に決めないでください

犬を愛する思いや責任としてご理解ください

上記の内容にご賛同下さる方のお問い合わせをお待ちしています。
ご利用案内もあわせてご覧下さい。

私たちは迎えられた愛犬と、たくさん楽しい思い出を作ってくださるご家族さまとの出会いを望んでいます

golden retriever border line

ご予約と子犬についてgolden retriever border line

ゴールデンユートピアJPの子犬をご希望の方

1.お問い合わせメールフォームから問い合わせる
その際、自己紹介や家族構成や犬飼い歴などをお知らせ下さい
ContactUs
交配予定やご予約に関するご案内をいたします
組み合わせによって子犬の価格が異なります

2.受胎連絡リストへ登録する(無料)
リストの順に受胎連絡をいたします
受胎するとは限らないので、確認できるまでは本予約のご案内はいたしません
お返事を伺ってから本予約のご案内をいたします

※見学に関しては後述いたします

3.本予約をする(ご予約金が必要です)
子犬の本予約は受胎確認後ご予約金をお預かりしてからです

4.ご予約順に子犬を決める

5.子犬のお迎え
お迎えは健康診断と1回目のワクチン接種が終了した生後8週以降です
食べ慣れているフードやヤギミルクをご一緒にお渡しいたします
迷子などで飼い主の情報と照合できる「マイクロチップ」を装着します

子犬にしつけや初歩の訓練が必要な場合は事前にご相談ください
室内犬として飼いやすい状態になるまで当舎で躾を入れる事もできます

子犬を迎えられた後も育児方法や、しつけなど遠慮なくご相談ください

golden retriever border line

見学についてgolden retriever border line

ご見学は事前に訪問日時の連絡をお願いします

主に「土曜日、日曜日、祝日」にお越しいただいています
その他に訓練競技会やドックショーなどに出陳することがありますので、その際に会場でお会いすることもできます
※突然のご訪問には対応しかねますのでご了承ください

両親犬のことを知ってくださると、子犬を決める基準になると思います
いろいろお話をお伺いしたいのと、思いきり見ていただきたいので、見学は1日1組とさせていただいてます

一般的なブリーダーと違いケージなどでの犬舎飼いではなく、家庭犬とて共に生活をしています
そしてブリーダーが本業ではありませんので時間的な制約があります
他のブリーダーと違って頻繁に見学していただけないので、こちらのHPやブログ、SNSで普段の犬達の生活を写真や動画で公開しています
親犬の情報は一般的なブリーダーより多く公開していると自負しています

golden retriever border line

ポリシーgolden retriever border line

ゴールデンユートピアJPの基盤となる母犬達は、5代前まで血統をさかのぼり「遺伝性疾患が発症していない血統か」を調べてから譲っていただいた健全な子達です
外国で生まれて飛行機ではるばる日本へやってきた子もいます
母犬は子犬に与える遺伝的影響が多く、とても重要だと言われています

遺伝性疾患に関する検査は一般的な動物病院の診断では分かりません
それぞれの専門の機関に依頼し、評価を受けています

ご家族さまの信頼を得るため、そして安心して子犬を迎えていただくために、両親犬の股関節・肘・膝の診断書やPRA遺伝子検査結果、甲状腺ホルモン検査などの結果をご見学の際などにお見せしご説明しています

愛犬と幸せな生活を送って欲しいとの思いから、遺伝性疾患を減らすように気を配り、ブリーディングと育児に最善を尽くしています

1歳になると遺伝性疾患の検査を行い、正常な個体のみブリーディングします
それに加えて母犬は肉体的・精神的にも成熟し、母犬としての性質を見極めてからブリーディングします

血縁関係が近いもの同士の交配(親子、兄妹など特に三親等以内)は遺伝的な危険性が高いのでそのような交配はしていません
近親による交配は外観などの良い部分などを定着させる目的があることは理解できますが、それと同時にゴールデンレトリーバー特有の遺伝的疾患も強く受け継ぎやすいなどの危険がともないます

家庭犬としての穏やかな性質や健康な体質を考慮してブリーディングをしています

乱繁殖を防ぐために避妊・去勢手術をしない場合は原則、血統書は当舎でお預かりし保管いたします。 血統書の複写をお渡しいたします。
避妊・去勢をされた場合はその限りではありません。

母犬の妊娠中・育児中の精神状態は子犬の生育に大きな影響をあたえますので、健康に気をつけて精神的に安定した生活ができるように気をくばっています
子犬が産まれたその日からご家族の元へ行くその日まで最善をつくします
そして新しいご家庭に早く慣れるように赤ちゃん教育をしています
室内で人と同じ環境で育て、あらゆる生活音や人に慣れさせています

母犬は父犬より子犬に与える影響が強いので、女の子は歳月を費やして選びぬき、迎えた後も検査や育成など多額の費用を注ぎ込んで大切に育てています
交配相手も同様に慎重に調べて選んでいます

ゴールデンユートピアJPでは「子犬の社会化」が特に重要と考えています
赤ちゃん教育により表情豊かで物怖じせずに穏やかな性格になるように肉体的にも精神的にもたくさん経験を積ませています
それには最低でも生後8週まで母犬や兄弟達と一緒に生活するのが重要と考えています

私たちにとっては繁殖犬といっても同じ室内で寝起きを共にしている大切な家族の一員です
子犬を産ますためだけに飼っていのではありませんので、計画が無い時はブリーディングしません
1頭の母犬が出産する回数は多くありませんので、同じ組み合わせも少なくなります
母犬は6歳でブリーディングは引退させ避妊手術をします
引退犬のオーナーを募集することはありません

ブリーディングは計画を立てて取り組み、最善をつくしています

golden retriever border line

子育て中に気をつけたい事golden retriever border line

ご自宅がフローリングなどの滑りやすい床の場合、骨や関節が変形する恐れがありますので、滑りにくい素材のタイルカーペットやクッション性の高いものなどを敷いて工夫しましょう

ゴールデンレトリーバーは暑さにとても弱い犬種です
夏の暑い時期は特に熱中症に気をつけてください
夏は日が暮れてもアスファルトが焼けて輻射熱で熱中症になるそうです

生後8ヶ月まで急激に体や骨が成長しますので、関節に負担がかかるような過度な運動は避けましょう
運動中の急激なストップやターン、ジャンプは捻挫もしやすく、関節にかなりの衝撃があります
犬同士の遊びも夢中になりヒートアップして怪我をしやすいので注意して遊ばせましょう
足を捻ったり、ぶつけたり、高いところから飛び降りたりすると、軟骨がダメージを受けます
それが発端で脱臼を繰り返すと、形成不全を発症する恐れがあります

成長期のカルシウムの過剰摂取やカロリー過多に気をつけましょう
特に股関節形成不全・膝関節形成不全は、遺伝的素因による発症が約70%、環境要因による発症が約30%と言われています
環境要因の原因は肥満・外傷・生活環境(滑る床での生活など)です
骨と筋肉のバランスが崩れたり、軟骨が損傷して炎症を繰り返したりして発症します
このように環境要因からの原因からなる遺伝性の疾患のことを多因子疾患と言います
多因子遺伝病とは多くの要因が関与して最終的に股関節に異常をきたすというものです

生後4〜8ヶ月は急激に成長するので特に気を付けてください
この時期の犬同士の過激な遊びも注意しましょう

またロングリードを使ってで自由に遊ばせる時は、ひもに足が引っかかったり、足にからまったりして危険な場合がありますので注意してください

生後8ヶ月を過ぎても急激に運動させるのは控えましょう
様子を見ながら徐々に運動させましょう
骨や関節の成長は1歳半〜2歳まで緩やかに続きますので、環境要因よる疾患を防ぐように気をつけてください
筋肉と骨がバランスよく成長するように気を配りましょう

ゴールデンレトリーバーは遺伝性疾患が他の犬種よりも起きやすい犬種と言われています
遺伝性疾患とは犬種の形質を強化する交配を繰り返し固定する過程で遺伝子に不良が生じてしまい、発病しやすくなってしまった疾患のことを意味します
ゴールデンレトリーバーの疾患の中で特に症状が出やすいのは、関節、心臓、目、腸、甲状腺ホルモンです
その中で最も多いのが股関節に形成異常が出る「股関節形成不全」です
※去勢・避妊をされる時に股関節や膝関節、肘関節の状態を診ていただくことをお勧めします

golden retriever border line

English Golden Retriever Kennel Golden Utopia JP
イギリス系 ゴールデンレトリーバー ケネル ゴールデンユートピアJP

inserted by FC2 system